2010年05月15日

江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」(産経新聞)

 江田五月参院議長は13日、国会内で民主、自民、公明3党の参院国対委員長と会談し、国会の常設機関でありながら2年9カ月間も始動していない「憲法審査会」について、委員数などを決める審査会規程の早期制定を求めた。

 江田議長は会談後、記者団に「(審査会を設置した国会)法と現実が齟齬(そご)をきたしている状況は遺憾だ」と語った。だが民主党参院幹部は「(憲法改正を)他党が参院選の争点にしようとしており、党内議論は参院選後だ」と、江田議長の要請に応じない考えを示した。

日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
抗がん剤「アービタックス」で因果関係否定できない死亡が2例(医療介護CBニュース)
全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、水に沈むような細工、死体遺棄事件として捜査/横浜(カナロコ)
参院選でHP・ブログ○、メール・ツイッター×(読売新聞)
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
posted by カサハラ コウゾウ at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。